広島民俗学会 学会誌

  • 学会誌ご希望の方は、問い合せフォームよりご注文ください
  • 第83号は700円、41号〜82号が500円、40号までは200円です。(送料別)
  • LinkIconお問い合せ・ご注文

在庫 発行年月

創刊号
目次
藤原与一 民俗学ことはじめ
八木佐市 民俗学と社会学
野村純一 備北の話千両
進藤松司 安芸津漁民民俗資料
江端義人 方言の思想
久枝秀夫 私の採集した「民俗」資料
資料:広島保専わらべ唄研究会 広島県わらべ唄の採集について
小都勇二 民俗古兵一等兵
樫木静子 民話について
進藤松司 民俗学研究者考

第2号
目次
大森元吉 民俗学との接点にふれて
八木佐市 韓国農村の実態調査
田中重雄 弓神楽
中島忠由 仏の正月と暦法について
中村隆子 おなるばあさんは何者か
広大方言研究室 広島県大竹市松ケ原町方言の造語法についての調査研究
進藤松司 安芸津漁民民俗資料
田中重雄 上下町のサンバイの祭式

第3号 1975.1 目次
村岡浅夫 地名の調査ー共通課題としてのー
白根英之 奥備後における仮親の今昔
久枝秀夫 大朝町付近におけるつきあい
滝谷 章 広島県の庚申塔
田地春江 竹原市田万里町の荒神について
山本鎮雄 柳田国男「婚姻習俗の研究によせて」①

第4号 1975.8 目次
友久武文 広島県の風流踊りと踊り歌
村岡浅夫 伝説ー書承資料よりみるー
野村純一 備北の「人影花」
太刀掛祐輔 呉地方の民話
八木佐市 韓国の喪礼・葬制
山本鎮雄 柳田国男「婚姻習俗の研究によせて」②
村岡浅夫 吉田町の「子供歌舞伎」の背景

第5号 1976.2 目次
大森元吉 フィールドワークの実際の問題点ーアフリカ現地調査をめぐってー
村上正名 中世の民具
富士波雄三 民踊の分析から得るもの
卯山与史武 三次地方に於ける三月節句の風俗と三次人形の発生について
善入幸雄 東広島市のマリア観音について
村岡克彦 昔話の語り口
友久武文 風流踊り歌資料翻刻1 西城町大屋山口本『古記里躍歌』

第6号 1976.8 目次
八木佐市 コミュニティーづくりと民俗
佐藤政美 農業青年が継承する地域芸能の種類と要因(概要)
来山敏夫 田尻民俗資料館の開設に至るまで
楪 博自 民具研究講座に参加して
町 博光 地域の生活と言語地理学ー広島県太田川上流域言語地図の解釈をとおして
広瀬繁登 県北山地農村の民俗採集記
神田三亀男 広島県下の倉じるし
佐々木順三・友久武文 風流踊り歌資料翻刻2 美土里町徳和本『生田八庭之踊』

第7号 1977.2 目次
佐々木順三・友久武文 風流踊り歌資料翻刻3 美土里町佐々木本『和泉式部作給伝来踊歌』
滝谷 章 切支丹灯籠について
中島忠由 古代公家所領の民俗学的研究
神田三亀男 広島県下独自の俚諺採集メモ
進藤松司 安芸津漁民気象掻き集め
岡村達男 県北の臼と杵
十河直樹 四地点に於ける一語の分布とその表現差異

第8号 1977.8 目次
大森元吉・丸山孝一 都市コミュニティの成り立ち ー広島市東平塚町の調査ー
進藤久人 千代田地方の民具について
佐々木順三 芸北かぐらの民俗性
久枝秀夫 新庄の田植歌
善入幸雄 植物今昔
田地春江 世羅西町荒神祭聞書
川本美澄里 「向浦方言と三之瀬方言」
村岡浅夫 昔話の資料と解説

第9号 1978.2 目次
丸山孝一 タイ農村における仏教寺院の社会的機能
小都勇二 宿場町の商家についてー主として吉田町の場合ー
黒田明憲 三次鵜飼について
下野岩太 太田川の水の信仰
田中重雄 上下地方に於ける若宮信仰について
岩田 勝 荒平考(その一)
渡辺友千代 十二神祇神楽考
田地春江 シキ荒神の弓神楽聞書
山本鎮雄 郊外住宅化と住民意識の変化ー広島市瀬野川町の場合ー

第10号 1978.8 目次
特集・回顧と展望
八木佐市 回顧と展望の民俗学ー広島民俗学会発足五周年記念によせてー
座談会 広島民俗学会の回顧と展望

 柿野上明喜・神田三亀男・友久武文・藤井昭・村岡浅夫・八木佐市・原田三代治・中村隆子
五周年記念に寄せてー分野別・専門別ー
玉浦 護 民具ー竹細工についてー
岡崎 環 歴史民俗資料館の課題
神田三亀男 農村社会
進藤松司 漁民と民俗
久枝秀夫 社会的共同生活の一端にふれて
渡辺友千代 神楽
佐々木順三 田植歌に思う
田地春江 民間信仰
江端義夫 人間性研究としての方言研究
山名洋通 教育と民俗
小都勇二 冠婚葬祭偶感
岩瀬 博 口頭伝承
村岡浅夫 「回顧と展望」を読んで


「広島民俗」総目次(1号〜9号)

第11号 1979.2 目次
大森元吉・下東艶子 島嶼社会の凝集性 広島市似島町調査
岩田 勝 荒平考(その二)
天野 武 中国山地の野兎狩ー八幡高原の場合ー
広瀬繁登 若く世を去った野の民俗学者 山田次三
平野 渺 久井町の文化財第一次指定について
岡村達男 高野山の盆踊口説について
善入幸雄 鳥と植物
藤川純子 広島県盆踊り一覧
楪 博自 鮓本虎夫氏を悼む

第12号 1979.8 目次
荒木博之 民間説話研究へのひとつの態度
広瀬繁登 比婆地方の庚申塔とその民俗
卯山与史武 稲生怪談の成立と百物語
小都勇二 安芸門徒と流行仏
白根英之 葬列の変遷ー比婆郡比和上町本通組の場合ー
楪 博自 三原市の主なる民俗行事
田地春江 比婆郡荒神祭見聞記
神田三亀男 広島県内の食習俗に関する資料

第13号 1980.3 目次
田淵実夫 記紀の「五月蠅」は浮塵子
下野岩太 峠の民俗ー可部町を中心にして
岡崎 環 管絃祭の来船調査
岡本達男 雪隠今昔見聞記
栗原秀雄 「昔話」を訪ねてーRCC「ひろしまの民話」ー

「資料だより」(比婆・庄原地方)

「奥備後の石塔に思う」黒田正

「宗造神社の祭祀」中沢正幸

「タタラ」

「年中行事(正月編)」「地方名」「比婆方言・俚言」「妖怪」「奇習・俗信」
村岡浅夫 「きつね」の話

第14号 1980.8 目次
田淵実夫 記紀の「あかかがち」は稲妻
東 晧傳 古代航路と芸予諸島ー民俗学と歴史地理学の接点ー
進藤松司 安芸津漁民民俗資料ー潮流の変化と名称ー
池田 満 小坪の神楽
福本 清 白水の港(豊田・東野町)
田地春江 比婆郡荒神祭聞書(続)
後 由美子 世羅西町津田の今昔ばなし
三原 博 語源「子」ーシ・ス・コは具ー
岩田 勝 宝永期における荒神神楽・弓神楽の神事次第

「資料だより」(竹原地方)「呉竹の獅子舞」「忠海町祇園祭みこし行事」竹原町の祭」「忠海町二窓の神明祭」「高崎の龍の神事と三度弓」「田万里八幡の宮座」「新庄町の月待信仰」「塩浜での生活」「忠海町二窓の諺」「下野町大井の足跡石」「仁賀町戸石の蹄石」「竹原のわらべうた」「吉名に伝わる古い歌」
会員名簿

第15号 1981.3 目次
岩田 勝 宝蔵太子と龍女姫
岡村達男 はまりさん
堤 富士雄 西城のいろはがるた
幸田光温 太田川の切川魚
栗原秀雄 比婆郡東城町の「昔話」採訪報告
田地春江 比婆郡荒神祭聞書(続)
三原 博 語源考ーホエニー
原田三代治 上蒲刈島宮盛の民俗(1)ー「原田トシノ」ノートよりー

第16号 1981.8 目次
木下 忠 宮本先生と民具学の提唱
神田三亀男 宮本先生と広島一つの交流
藤井 昭 鮓本虎夫とその時代
楪 博自 鮓本刀良意氏を偲ぶ
飯田米秋 救餓録
三原 博 人体語原考
三原 博 七夕まつり
原田三代治 上蒲刈島宮盛の民俗(2)

「資料だより」(東広島市)

「東広島市域の正月行事」
岩田 勝 「ノウノ本」その1

第17号 1982.2 目次
真下三郎 五行祭・土公祭とその祭文
小都勇二 安芸門徒と民俗
道城金二郎 高屋の大将軍と四方八方ー県史跡御薗宇城跡をめぐってー
柿野上明喜 吉和の山猟聞書
三原 博 随筆 子守唄
岩田 勝 「ノウノ本」その2

「資料だより」(奥備後編2)

「奥備後における野の石造塔」広瀬繁登

「民俗短報」(俗習・行事・俗信・諺と俚言)

第18号 1982.8 目次
田中重雄 五行祭盛衰記
阪田泰正 広島県のキリシタン遺物
幸田光温 太田川の舟大工
岡崎 環 町の民俗・宮島
原田三代治 上蒲刈島宮盛の民俗(3)ー「原田トシノ」ノート拾遺ー

第19号 1983.2 目次
室山敏昭 漁業社会の風位語彙の構造ー「南風」の呼称を中心にしてー
阪田泰正 安芸津町の古代祭祀遺跡
三原 博 さんばいと田の神
広瀬繁登 奥備後の水の信仰民俗
岩田年浩 割庄屋山名家の贈答記録から
田地春江 妙見神楽見聞記

第20号 1983.8 目次
八木佐市 社会変動と民俗学ー民俗学の方向性の模索と課題ー
岩田 勝 荒神信仰と荒神神楽
石井出かずこ 中国山地からの出稼ぎ坑夫について
三原 博 タナバタ
田地春江 道下太郎さん神楽話
三原 博 てきや
神田三亀男 広島の盆灯ろう


「広島民俗」総目次(1号~19号)

特集号 1984.4 『広島民俗論集ー広島民俗学会発会十周年記念誌ー』  渓水社 3000円
八木佐市
神田三亀男 広島県内の餅に関する実態調査
村上正名 くらしの中の芸備のやきものー広島県窯業史序説ー
岩田年浩 鉄山師山名甚内小伝
石井出かずこ 中国山地からの出稼ぎ坑夫
幸田光温 太田川の木材運送ー「山出し」から「木流し」までー
下野岩太 太田川に見る文化・災害そして民俗
阪田泰正 広島県におけるいろいろな絵馬
池田 満 村づくりと安芸門徒
岩田 勝 神楽能における金剛童子
田中重雄 備後神楽の能舞
原田宏司 芸備わらべ歌の音楽的側面
野村純一  「廻りもちの運命」の消息
飯田米秋 伝説の中の歴史性
室山敏昭 「コチ」の生活意味ー風位呼称の意味記述の一つの試みー
江端義夫 会話方言考ー福山市春日町吉田の方言会話についてー

第21号 1984.5 目次
藤井 昭 芸備地方の「名」をめぐる2、3の問題について
西井 章 歴史民俗資料館の運営と課題ー広島県立歴史民俗資料館を中心にー
進藤久人 芸北の草木染めと紡織用具
住貞義量 御調のみあがり踊りと串柿
畠山一成 「矢野の髢」と「一国斎高盛絵」
神田三亀男 広島県内の雑煮の形態と分布
新刊紹介 岩田勝著『神楽源流考』名著出版、9800円

第22号 1984.9 目次
神田三亀男 広島県の風土と屋根瓦ー赤瓦・黒瓦の接点を探るー
山名年宏 大庄屋家屋の間取りについて
阪田泰正 豊田郡安芸津町のホフマン窯
会員名簿 会則

第23号 1985.5 目次
田地春江 世羅町津口の荒神神楽見学記
菊山 肇 氏神さんの絵馬
神田三亀男 「掘り上げ農法」についての考察
菅 脩二郎 「赤米」の発見
広島民俗学会「研究会」の歩み

第24号 1985.8 目次
広瀬繁登 奥備後牛飼いの民俗
藤井 昭 藤川一郎氏所蔵「鳴玄横弓行事録」について(翻刻)
友久武文 風流踊り歌資料翻刻4 御調八幡『花のおどり歌』
吉津敦子 広島民俗学会参加記
新刊紹介 竹本宏夫『日本歌謡叢とその小考』桜楓社、16000円

『日本民俗文化体系13 技術と民俗(上)=海と山の生活技術誌=』小学館、4500円

下野岩太編『安佐地域のことわざ』

神田三亀男『採訪広島の食文化郷土食と食習俗』農村地域研究会、1000円

第25号 1986.6 目次
井手本護 安佐地区の黄幡さんーその昔と今ー
神田三亀男 地神信仰あれこれ
田地春江 「比和町三河内のおしめ田」ー鞍掛昇氏の調査によるー
下野岩太 秘仏への道ー福王寺の金堂焼失に思うー
福本 清 大崎島へ移ってきた浄土真宗
竹内 寿 葬殮のこと
村岡幸雄 盃状穴 広島市周辺
向台 博 海田町の地名
河田 巌 安佐町内の中世石造物の調査

第26号 1987.4 目次
牛尾三千夫先生追悼号
岩田 勝 牛尾神楽学を継承していくために
久枝秀夫 代掻本二題ー大朝町岩戸梅田屋本と森田本ー
渡辺昭五 牛尾さんの他生解
田中重雄 牛尾三千夫先生を偲びて
内田るり子 牛尾三千夫先生の思い出
田地春江 追悼
藤井 昭 第29回現地研究会参加記
      
第27号 1987.4 潮田鉄雄 日本はきもの博物館案内
市田京子 日本のはきものの歴史
中原一晃 広島県郷土玩具の現状
大塚智子 うさぎ玩具考
吉原博見 竹原市仁賀町の神の石
太刀掛祐輔 二河上井手についての考察
畠山美恵子 学会参加記

第28号 1988.4 目次
楪 博自 見直そう民俗文化財
楪 博自 三原歴史民俗資料館紹介
楪 博自 三原市内の主なる民俗行事
阪田泰正 神機隊医官
小早川成博 呉市有形文化財指定盃状穴の有する手水鉢について
黒田 正 牛尾先生と佐々木宮司のこと(比婆郡荒神神楽の立場から)
下野岩太 新刊紹介 神田三亀男著『女人天耕』日本経済評論社、1400円
広島民俗学会表彰規程
広島県関係文献目録

第29号 1988.8 目次
田地春江 庄原市川北町久井田(旧恵蘇郡)の弓神楽
三村泰臣 阿戸の十二神儀
山名年浩 明治期の備北の民俗史料から(上)
小早川成博 狛犬の頭頂部に見出された盃状穴について
燁塢驢史 大阪道修町の神農考
田中重雄 第31回現地研究会に参加記

第30号 1988.9 目次
神田三亀男 小イワシ考
広瀬繁登 山田次三と遺稿「麻の民俗」
故山田次三 山田次三遺稿集補遺 奥備後麻の民俗
黒田 正 備北の地神祭
久枝秀夫 寛政二年本 宮迫村囃田植歌書
田中重雄 甲奴郡上下町の小正月行事

第31号 1989.4 目次
神田三亀男 広島県域の田の神(さんばい)考
平野 渺 杭の庄、土倉邑の古代(神代)の臣岩信仰時代の大岩たち
飯田米秋 伝説の中に隠された歴史を探る 聖武天皇の遷都伝説
道城金二郎 「大将軍八王子の陰陽神を配祀した神附・鹿附の御薗宇城跡」とその「城牧趾」
広島県関係文献目録

第32号 1989.9 目次
神田三亀男 広島県域のとんど考
幸田光温 東城川の筏流し
太刀掛祐輔 呉地方の民話 二河観音堂の仏像
太刀掛祐輔 使われなくなっていくことば
広島県関係文献目録
会員名簿

第33号 1990.3 目次
神田三亀男 聞き書きーその技術と民俗ー
友久武文 谷和山本本田唄集
田地春江 ブラジルの宗教民俗の一断面
広島県関係文献目録

第34号 1990.8 目次
神田三亀男 板箕造りの里ー板箕製造の技術と民俗ー
井手本護 「おうばんさん・おんばんさん」ー江田島・能美島から宮島までー
小早川成博 紡重状盃状穴についてー東広島市原田岡山第3号古墳ー
久枝秀夫 大朝の春市と花田植
楪 博自 広島民俗学会現地(大朝町)研究会に参加して
新刊案内 村岡幸雄『盃状穴考』考古民俗叢書 その呪術的造形の追跡
広島県関係文献目録

第35号 1991.3 目次
幸田光温 江ノ川水系の船
印南敏秀 「石と潮と熱の民俗」ー安芸津の石風呂・潮湯・蒸湯ー
藤原一三 甲奴郡甲奴町須佐神社の忌刺祭について
小早川成博 墓碑及道標に造穴された盃状穴について
市田京子 三月節句のデコー三次人形ー府中市歴史民俗資料館収蔵資料より

第36号 1991.8 目次
久枝秀夫 染色資料翻刻 絹糸25色染上げ方法の覚
井手本護 真幡神社から山の神さんー大竹市のオーバンさんを尋ねてー
友久武文 広島市可部町周辺の田植唄ー古老の伝誦2題ー
神田三亀男 「ほぼろ」採訪余話
新刊紹介 真下三郎『広島県の囃し田』渓水社、1500円
広島県関係文献目録

第37号 1992.3 目次
神田三亀男 広島の菓子餅考(上)
栗原秀雄 「あやかし」ー宮島町の口頭伝承からー
光畑君恵 山県郡千代田町の田植歌ー伝誦の現況ー
小豆原たまき 君田村の春秋
広島県関係文献目録

第38号 1992.8 目次
神田三亀男 広島の菓子餅考(下)
久枝秀夫 珍しい馬供養の記録ー山県郡大朝町の旧家で発見ー
三村泰臣 ジュウラセツ考
原田三代治 現地研究会参加記
広島県関係文献目録

第39号 1993.2 目次
神田三亀男 小学校児童卒業写真に見る服装の変せん
田地春江 旧正月の旅かぐら
久枝秀夫 風流踊り歌資料翻刻5 千代田町川戸『上郷踊歌写』
太刀掛祐輔 竜王神社の石段
楪 博自 本郷の民俗
広島県関係文献目録

第40号 1993.8 目次
神田三亀男 柿渋考
田地春江 旧正月の旅かぐら(2)
田中重雄 亀山八幡宮神主役の争い
藤原一三 小童祇園社の信仰範囲について
栗原秀雄 現地研究会に参加してー豊田郡本郷町ー
広島県関係文献目録

第41号 1994.2 目次
杉岡延治 阿賀漕船と厳島管絃祭
久枝秀夫 高田郡美土里町「桑田はやし田」を見る
川島英子 佐伯郡宮島町の宮島踊りの研究ー音楽的観点から
広島県関係文献目録

第42号 1994.8 目次
神田三亀男 広島松茸の民俗
藤原一三 甲奴郡甲奴町須佐神社の的弓祭について
神原雅之・友久武文・西 和子 福山市田尻町の「手踊り」ー「入れ節」を中心にー
久枝秀夫  山県郡大朝「鳴滝清水本」田植歌集
田中重雄 岩田勝さんを惜しむ
杉岡延治 オチョロ舟のこと
広島県関係文献目録

第43号 1995.2 目次
久枝秀夫 大朝町大塚、橋村本田植歌草子
竹本宏夫 田植歌に関する調査
杉岡延治 豊島海民雑記
広島県関係文献目録

第44号 1995.8 目次
小豆原たまき 君田の染色と織物について
杉岡延治 農船「大長ミカン」ー出作り制度と末子相続ー
神田三亀男 食文化採訪ノート
久枝秀夫 弘化4年鈴張村御歌双紙
黒田 正 田地春江『神楽太夫』ー備後の神楽を伝えた人々ー
広島県関係文献目録

第45号 1996.2 目次
シンポジューム=交通の今昔を考える=
幸田光温 川船から荷車へ
岡崎 環 地乗りと沖のり
藤井 昭 山陽道と西国街道


神田三亀男 広島食文化採訪ノート 紅葉饅頭由来記
三村泰臣 広島市の荒平舞をめぐる一考察
川島英子 島根県邑智郡石見町の田植囃子の研究
広島県関係文献目録

第46号 1996.8 目次
原田三代治 鯛の一本釣りとアビ漁
杉岡延治 一杯船主の系譜ー倉橋島での場合ー
小豆原たまき 郷土の名物考
久枝秀夫 大朝町新庄、足谷鍛冶屋本「田植隻紙」
神田三亀男 祭り鉾三題

第47号 1997.3 目次
三村泰臣 神がかる神楽と十二神祇の将軍舞
神田三亀男 ことわざに見る県民気質考
杉崎延治 音戸ノ瀬戸の港町事情
広島県関係文献目録
受贈図書

第48号 1997.8 目次
原田三代治 下蒲刈島三之瀬の一本釣り
久枝秀夫・友久武文  広島市安佐町飯室、原田本踊り歌
三村泰臣 将軍正行ー山県郡筒賀村梶尾神楽将軍祭文
村岡克彦 現地研究会参加記ー戸河内町
広島県関係文献目録
受贈図書

第49号 1998.2 目次
神田三亀男 日本一健康長寿の村立花の民俗的考察
山科 綾 厳島大元神社の奉納物ー絵馬を中心としてー
久枝秀夫・友久武文 風流踊り歌翻刻6(承前) 広島市安佐町飯室、原田本踊り歌
杉岡延治 能美島の“伝承と暮らし”
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報
会員名簿

第50号
原田三代治 下蒲刈大地蔵の網漁
神田三亀男 戦後・都市に流出した農家の二・三男の運命を探る
小豆原たまき 古里の地名考 1 峠
追悼 故村岡浅夫先生
藤原与一 村岡さん
八木佐市 村岡浅夫先生への感謝
野村純一 痛恨の弔
久枝秀夫  ご冥福を
江端義夫 村岡浅夫先生を追慕して
佐々木順三 遊び心で民俗探訪 村岡浅夫氏を偲ぶ
太田雅慶 村岡浅夫先生を偲んで
友久武文  一幅の御絵伝
藤井 昭 本会誕生の立役者村岡浅夫先生
原田三代治 偉大な指導者
幸田光温 村岡先生のこと
柿野上明喜 追悼村岡浅夫先生
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報
「広島民俗」総目録(1号〜49号)

第51号 1999.2 目次
尾多賀晴悟 新市町立歴史民俗資料館の活動における民俗部門の活動について
神田三亀男 食の文化は深いー郷土料理を探るー
小豆原たまき 古里の地名考ーその2 川ー
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報

第52号 1999.8 目次
神田三亀男 西中国山地の棚田の民俗
原田三代治 広島県蒲刈の団子麦
三村泰臣 五日市十二神祇
加太和子 第53回大会に参加して
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報

第53号 2000.3 目次
神田三亀男 備北山地の棚田の民俗ー比婆郡口和町大草ー
三村泰臣 「昼神楽」の形式とその意図ー山県郡戸河内町大歳神社の事例からー
菅 脩二郎 明治末期頃竹原町の「拾い親」と「名付け」の習俗覚書
友久武文 竹本宏夫『田植歌研究の展開』
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報

第54号 2000.8 目次
神田三亀男 “日本棚田百選”ー井仁の棚田の民俗ー
原田三代治 下蒲刈島三之瀬の延縄漁
内野義円 わがふるさと(安佐町久地本郷地区)の田植唄
江端義夫 最近の方言研究の動向を顧みて
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報

第55号 2001.3 目次
神田三亀男 加計の石匠たち
三村泰臣 筒賀・大歳社の神楽
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報

第56号 2001.8 目次
神田三亀男 中国山地の鉄山と棚田
幸田光温 三次鵜飼見学記
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報

第57号 2002.3 目次
神田三亀男 中国山地棚田の民俗誌
小豆原たまき 葬儀役割の今昔(双三郡君田村東入君中組を見る)
久枝秀夫 千代田町上川戸 一部本田植歌草紙
井手本護 こじつけ読みの歌のはし「天保二 筆を染めにけり」
三村泰臣 佐伯郡佐伯町の神楽ー旧佐伯郡津田村を中心として
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報

第58号 2002.8 目次
友久武文 風流踊り歌資料翻刻7 広島市亀山大番本「大踊歌」
小豆原たまき 県北部伝わる労働の歌
神田三亀男 続・中国山地山間棚田の民俗誌
三村泰臣 大竹市の神楽
広島県関係文献目録
受贈図書
彙報

第59号 2003.3 目次
藤原一三 宇賀村百姓年貢免割不服輪書嘆願企て候一件
神田三亀男 中国山地棚田の俚諺(その1)
岩瀬 博 厳島神社の管絃祭参加記
加太和子 好奇心と民俗のこと
小豆原たまき 受賞のことば
受贈図書
彙報

第60号 2003.8 目次
代表理事 八木佐市先生のご逝去を悼む
片桐 功 上川戸の虫送り踊りの音楽的考察
藤原一三 病人安駄送りについて
菅 脩二郎 葬儀の風景 覚書
栗原秀雄 サルと兎の「かちかち山」ー作木村の語り手・柏木コサワ媼ー
神田三亀男 中国山地山間棚田の俚諺(その2)
楪 博自 私の仕事とは
三村泰臣 御島廻りに参加してー第61回現地研究会報告ー
受贈図書
彙報

第61号 2004.3 目次
神田三亀男 学会のさらなる発展を
30周年記念論集
幸田光温 近代農具の奨励と情宣活動
江端義夫 備後方言における「シェ」「ジェ」の消長
三村泰臣 芸予諸島の神楽
松崎 哲 平家納経に描かれた楽器について
栗原秀雄 宮島の伝説
尾多賀晴悟 歴史民俗資料館の今後
神田三亀男 西中国山地棚田の民俗誌
土井美生子 ホデを結ってシルシをつける民俗ー広島県に残る占有標識ー
幸田光温 中国地方の川船
藤原一三 婚家の宗旨になじめず宗旨替えの一例
宗本正記 沼田新荘・椋梨川流域の辻堂・観音(薬師)堂についての調査の中間報告
受贈図書
彙報
会員名簿

第62号 2004.8 目次
幸田光温 中国地方の川船(2) ー2,阿武川ー
藤原一三 三次市甲奴町小童須佐神社の的弓祭に使われた的について
神田三亀男 広島の狼ばなし
栗原秀雄 宮島の「世間話」(1)
四之宮康晃 東和町探訪記ー第63回現地研究会報告ー
受贈図書
彙報
「広島民俗」総目次(1号~61号)

第63号 2005.3 目次
神田三亀男 日本海食材の恩恵
三村泰臣 荒神神楽の原型を探るー比婆斎庭神楽の考察から
栗原秀雄 宮島の「世間話」(2)
受贈図書
彙報

第64号 2005.8 目次
幸田光温 中国地方の川船(3)
栗原秀雄 宮島の「昔話」
神田三亀男 広島県内における宮本常一先生の序文のある本
藤原一三 『田総永井系記』についてー萩永井(田総)氏と備後田総氏との交流
石川律子 広島民俗学会第六十五回研究会ー倉橋島をたずねて
受贈図書
彙報

第65号 2006.3 目次
久岡武美 県北の茅葺き民家
第18回広島民俗学会受賞者
私の民俗研究
藤村耕市 江戸時代の旅と他人への思いやり
栗原秀雄 むかしばなしをたずねる旅
藤井 昭 久枝秀夫氏とその時代
故久枝秀夫氏の『広島民俗』氏掲載論文
受贈図書
彙報
広島民俗学会会則

第66号 2006.8 目次
住貞義量 御調地域の民俗〔1〕
栗原秀雄 聞き書き 宮島の習俗
片桐 功 現地研究会参加記 御調の里を訪ねて
受贈図書
彙報
広島民俗学会会則

第67号 2007.3 目次
シンポジウム「戦後60年の社会変動と民俗」
パネリスト
 神田三亀男 「棚田の衰退と民俗」
 藤井 昭 「村内集団の変遷」
 原田三代治 「激変する島の民俗」
原田三代治  蒲刈島の漁民の変遷
第19回広島民俗学会賞 楪 博自
受贈図書
彙報

第68号 2007.8 目次
神田三亀男 島根県邑南町 旧羽須美村の棚田
幸田光温 中国地方の川船 4
藤井 昭 備後田尻荒神神楽について
王倩予・三村泰臣 世羅町小国の荒神信仰
畠山美恵子 第69回現地研究会参加記 今、廿日市がおもしろい
受贈図書
彙報

第69号 2008.3 目次
町 博光 藤原与一先生を偲ぶ
佐田尾信作 風の人 地の人ー宮本常一と広島ー
フリートーク
住貞義量 郷土研究ー尾道市御調町ー
藤井 昭 新刊紹介 『瀬戸内海事典』
受贈図書
彙報

第70号 2008.8 目次
久岡武美 県北の漆掻き
有田洋人 「塩原の大山供養田植」の伝承活動 東城・内堀小学校の成果
小沢康甫 第71回研究会報告 瀬戸内遊覧記 三之瀬・御手洗
受贈図書
彙報

第71号 2009.3 目次
栗原秀雄 宮島の伝説と世間話ー霊異・怪奇を語るー
岡崎 環 厳島信仰のひろがり
藤井 昭 広島県内各地の管絃祭
松崎 哲 シルクロードと厳島
受贈図書
彙報

第72号 2009.8 目次
三村泰臣 「広島神楽」について
片桐 功 蔵迫日の山踊りの音楽的考察
正本眞理子 岡本太郎と宮本常一が歩いた中国山地
錦川 鯉 広島民俗学会第73回研究会「春の県立博物館企画展と鞆の町並み散策」報告
受贈図書
彙報

第73号 2010.3 目次
シンポジウム「広島の神楽遺産を活かす」
基調講演「広島の神楽遺産」 三村泰臣
シンポジウム「神楽遺産を活用する」
 寺岡昭治
 久保良雄
 吉井敏弘
松浦宣秀 古代の塩づくりで町おこし
有田洋人 塩原の大山供養田植ー昔の農業の知恵や精神を伝えるー
岡崎 環 書評『暮らしの中の左右学』小澤康甫
受贈図書
彙報

第74号 2010.8 目次
藤井 昭 儀式田植をめぐる二三の考察
三村泰臣 初夏の田園風景の中で
現地研究会の記録
栗原秀雄 「塩原の大山供養田植」
片桐 功 大山供養田植を見学して
岡崎 環 小奴可地区芸能保存会に敬意
正本眞理子 牛馬供養と田植唄
村岡幸雄 「農業の知恵」「心を一つに」
村井今日子 苗取り歌・田植え踊りに注目
石川律子 生活の諸々がこめられた行事
永田洋子 牛を大切にしてきた人々
村岡克彦 「塩原の大山供養田植」参観記
有田洋人 「塩原の大山供養田植」サゲ体験記
受贈図書
彙報

第75号 2011.3 目次
基調講演「芸備の田植え行事」  藤井 昭
シンポジウム「塩原の大山供養田植えをめぐって」
 高尾 覚
 有田洋人
 松井今日子
受贈図書
彙報

第76号 2011.8 目次
三村泰臣 田中重雄先生を偲びて
下畠信二 「津野山古式神楽」拝見記ー高知県高岡郡津野に伝わる神楽
正本眞理子 郷土学と地域学~写真が語るさとやまシンポジウムから~
現地研究会報告
栗原秀雄 「湯ノ山明神旧湯治場」を見学
藤井 昭 「湯ノ山明神旧湯治場」の思い出
岡崎 環 「湯ノ山明神旧湯治場」体感記
川本正晴 湯ノ山明神旧湯治場を訪ねて
参加者寄稿
尼崎栄吉 岩国藩『岩邑年代記』の記録にも
日本民具学会大会のご案内
受贈図書
彙報

第77号 2012.3 目次
新会長に三村泰臣氏
事務局移転のお知らせ
平成23年度総会・研究会
 基調講演 「菓子と民俗文化」 神田三亀男
 シンポジウム 「広島の菓子と食文化」
  パネリスト 大谷博国
          伊藤実
          杠由利榮・小田廣子
  コメンテーター 神田三亀男
  コーディネーター 栗原秀雄
柴村敬次郎 今様「餅」「雑煮」考 そして「お節料理」
水野恵子・正本眞理子 ひざぬりの里越原を訪ねて
受贈図書
彙報
広島民俗学会会則

第78号 2012.8 目次
三村泰臣 神楽の定義と広島の神楽
築地昭二 安芸高田地方における石見阿須那系神楽(高田舞)の成立と展開
西井 亨 尾道市の神楽
下畠信二 伊吹島の神楽拝見記 ー香川県観音寺市伊吹島に伝わる神楽ー
光平有希 呉市川尻町 堀越祇園社の祇園祭
正本眞理子 古式を残す比和牛供養田植 ー牛は農宝、豊穣への祈りー
久岡武美 東城地方の俗信・諺語
平成23年度現地研究会
岡崎 環 「平清盛にちなむ音戸めぐり」
栗原秀雄 「隠渡」「雨後の月」
原田三代治 『広島民俗』発刊当初のことなど ー表紙の「題字」と「色」について
受贈図書
彙報
広島民俗学会会則

第79号 2013.3 目次
三村泰臣 「広島文化賞受賞」-シャローからディープな民俗研究をー
 シンポジウム 「広島の酒とくらし」
  パネリスト 前垣壽男(西条酒造協会理事長)
         稲田公子(広島民俗学会会員)
          三村康臣(広島民俗学会会長)
  コーディネーター 栗原秀雄(広島民俗学会)
尾多賀晴悟 広島県内の特殊神事の調査について
比婆荒神神楽を拝見する 下畠信二
  ー平成23年12月3~4日 広島県庄原市東城町竹森にてー
「広島文化賞」を受賞 栗原秀雄
広島県史民俗編の刊行と 藤井 昭
  広島民俗学会の設立をめぐって
受贈図書
彙報
広島民俗学会会則





第80号 2013.8 目次
巻頭特集
 座談会「広島民俗学会設立四十周年を迎えて」
平成24年度現地研究会 参加記
 備後一宮 吉備津神社 栗原秀雄
 備後一宮 吉備津神社を訪ねて 佐々木 薫
昭和期までの村の火事 神田三亀男
ヤタガラスについての一考察 尾多賀史章
「岩国行波の神舞」見聞記 小沢康甫
国指定重要無形文化財「岩国行波の神舞」を拝見する〜7年に一度の全12座の舞〜 下畠信二
新刊紹介
書評「里山 いのちの譜」 佐田尾信作
受贈図書
彙報
広島民俗学会会則





第81号 2014.3 目次
平成25年度総会・研究会 
 シンポジウム「鎮守の森を考える」
  基調講演 鎮守の森とは 尾多賀晴悟
  パネリスト 神木と社叢 関 太郎
        社寺のパワースポット 藤井由美
        鎮守の森と神楽 三村泰臣
  コーディネーター 栗原秀雄
東城地方の薬用植物 久岡武美
廃校跡の便所の石碑 神田三喜男
地域の資料館について考える 松井今日子
  -展示と聞き取り調査-
地域学習で広がる民俗学の可能性 正本眞理子
「絵画・俳句・短歌・郷土の研究・・・ 藤井 昭
 教師 幸田光温七十八年のあしあと」刊行に寄せて
新刊紹介 「中国・四国地方の神楽探訪」三村泰臣
受像図書
彙報
事務局から
編集後記
広島民俗学会則










第82号 2014.8 目次
備後尾道周辺の特殊神事の報告 尾多賀晴悟
布の息吹を伝えていく 水野恵子
 「ジャパンブルー・藍のつぎはぎ展-寳水堂コレクション-」を終えて
平成25年度現地研究会 参加記
 奥出雲たたらの里を訪ねて 岡崎 環
 たたらと地域の景観 石川律子
 奥出雲たたらの里探訪記 片桐 功
 奥出雲たたらの里をたずねて 藤川昌寛
 奥出雲町の山・川・田んぼ 松井卓子
 コラム 砂の器ロケ地「亀嵩」 事務局
 民俗学会第83回研究会参加記 三村泰臣
津野山神楽を拝見する 下畠信二
 平成25年11月3日 三島五社神社の祭り
私と神田先生との出会い 迫江 勝
受像図書
彙報
編集後記
広島民俗学会則










第83号 2015.3 目次
平成26年度総会・研究会 
 シンポジウム「中国山地の里山を考える」
  基調講演 幕末奥出雲のたたら製鉄 相良英輔
  パネリスト 奥出雲のたたら製鉄と文化景観 高尾昭浩
          神楽と里山 三村泰臣
          民具の保存と活用 原田隆雄
  コーディネーター 岡崎 環
広島県指定無形民俗文化財「井永の弓神楽」 田中律子
手草祭文(井永八幡神社 田中宮司家蔵) 尾多賀晴悟
神々に出会う弓神楽 岡崎 環
宮本常一「中国風土記」の世界 正本眞理子
中学時代の恩師 石川律子
原田三代治先生を偲ぶ 三村泰臣
恩師原田先生の思い出 住貞義量
原田三代治先生のこと 岡崎 環
受像図書
彙報
編集後記
広島民俗学会則










第84号 2015.8 目次
尾道祇園祭と三体廻し 林良司
近代における尾道の年中行事 八幡浩二
 -堀田廣徳資料を中心としてー
『旧甲奴郡域の神社と神事』 尾多賀晴悟
平成26年度現地研究会 
 奥出雲たたらの里を訪ねて
 解説「祈祷の神楽・弓神楽」 三村泰臣
 報告「弓神楽と天領の町をたずねて」 岡崎 環
 参加記
  井永八幡神社「弓神楽」見学記 八島大樹
  「弓神楽」拝み見て 横山豊子
「安芸のはやし田」田植歌の詩型と唱法 築地昭二
重要無形民俗文化財を伝える来原さんばい祭り 正本眞理子
重要無形民俗文化財 下畠信二
 「池川神楽」を拝見する
尾道商人による厳島大元神社への 迫江 勝
 「燈籠」寄進料に関する書状
受像図書
彙報
編集後記
広島民俗学会会則










第85号 2016.3 目次
平成27年度総会・研究会 
 シンポジウム「自然災害と民俗」
  基調講演 「土砂災害に向き合った先人たち」 蒲原潤一
  話題提供 「自然に對ふ」 正本眞理子
         「厳島の災害復旧」 岡崎 環
          「吠原峠の山姥」 栗原秀雄
  コーディネーター 佐田尾信作
尾道のおもちゃ達~郷土玩具再発見~ 林 良司
青年の父・山本瀧之助に学ぶ現代の民俗行事 三谷一喜
「原田はやし田」と芸備の田植行事 藤井 昭
牛尾三千夫先生を偲ぶ 築地昭二
  ―原田の美しき三人の早乙女―
書評 『ユネスコ無形文化遺産 壬生の花田植』 三村泰臣
受像図書
彙報
編集後記
広島民俗学会則










第86号 2016.8 広島県福山市新市町鎮座「素盞嗚神社」の特殊神事 尾多賀晴悟
尾道・時宗正念寺伝承の「踊り念仏」 林 良司
第87回現地研究会 
 解説 無形民俗文化の意義 三村泰臣
 講演「原田のはやし田」の今と昔 松井今日子
 報告「花田植の里を訪ねて」 岡崎 環
 参加記
  田植行事 石川律子
  日本のお米 松井卓子
  はやし田と牛供養 正本眞理子
重要無形民俗文化財「植野神楽」を拝見する 下畠信二
沖縄式藍壺による琉球藍製造体験報告 水野恵子
弓神楽のCD化にあたり 田中律子
お知らせ 「弓神楽」のCD発売
受像図書
彙報
編集後記
広島民俗学会則





第87号 2017.3 目次
平成28年度総会・研究会 
 シンポジウム「花田植を伝える」
  基調講演 「囃し田と音楽」 片桐 功
  話題提供 「牛供養田植の伝承活動」 若林隆志
         「原田のはやし田」 猪掛公詩
          「再現 安の花田植」 内山一紀
  コーディネーター 岡崎 環
史料から読み込む民俗 菅 信博
  ~離縁を前提とした出産の取り決め~
安芸高田市内神楽団の現状と課題 八島大樹
  アンケート調査の分析より
「備後絣」の活性化方策 板野紫帆
城下町東城の伝統行事 迫江 勝
  「お通り」と郷土訪問・雑感
書評 『かぐら台本集』
書評 『日本誕生の女神 伊邪那美が眠る比婆の山』
民俗点描
受像図書
彙報
編集後記
広島民俗学会則





第88号 2017.8 第89回現地研究会 
 歴史と文化のまちで学ぶ 三村泰臣
 講演「日本遺産」について 西井 亨
 講演「絵解き尾道町年中行事」 林 良司
 報告「日本遺産」尾道を訪ねて 岡崎 環
 参加記
  「日本遺産」尾道を訪ねて 迫江 勝
広島県庄原市比和・高野町(旧恵蘇郡北部)の神弓祭 鈴木昴太
山口市指定無形民俗文化財 下畠信二
   赤崎神社「十二の舞」を拝見する
民俗点描
新刊紹介
受贈図書
彙報
編集後記
広島民俗学会則

▲ ページトップへ